無味乾燥な毎日でも、楽しければいいじゃない。

最近はまじめに更新できてる。とりあえず、日にちがあいても3日か4日。面白いかどうかは、あなたが決めることです(キリッ
2013 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 07
月別アーカイブ  [ 2013年03月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

団地妻

このブログ読んでいる人には周知の事実もいいとこですが、オレはゲームが好きです。

アニメとか漫画とか小説とかも好きですが、いわゆるエンタメで一番好きなのはやっぱりゲームです。ただ、理由訊かれてもあんまりよく分かりません。一応、一つだけ言える理由としては、他の媒体より世界への没入度が高い傾向にあるからかも。ドラクエの「はい」「いいえ」的なシンプルに自分投影するタイプから、FPSの様に、視界的な意味でのめりこむものまで。

また基本的に楽しむ時間が他媒体より多めにかかることもあって、のめり込むと深いのかも。

まあなんにせよ、オレはゲームが好きという話しで。

で。

以前の記事でも「自分に影響を与えた本」的トラバで答えたりしていたんですけど、正直な話、トータルで見たらオレはゲームからの方が影響受けている率多いと思います。

まあ、あんまり「私は、○○というゲームから影響を~」と言い過ぎてもアレですし、オレ自身、色んなゲームから影響を少しずつ受けた上でこの人格が形成されている思うので、特定作品名を断言出来ないのですが。

そうだなぁ……たとえば、オレの「異世界召還モノ好き」は、スターオーシャン2とか大貝獣物語(あんま知っている人いない?)とかが原点なような。ちょっと逸れると、テイルズやらサモンナイトからライトなファンタジー好きになっているところがあったり。

なんで急にこんな話したかというと、そういう意味で金八先生みたいなのが好きなのは、オレの中で「サクラ大戦3」あたりの影響強いのかもなぁと思ったからだったり。いや、完全に後から考えて、そうかもなぁと思っただけなんですが。

話の内容は全く別なんですが、こう、大ざっぱな続編の形態としてというか。

オレ、大好きだったんですよね、サクラ大戦3。シリーズ本編は多分全部やったと思うんですが、やっぱり3が一番好きです。

知らない人に説明すると、主人公が新天地行く話でして。1と2からヒロインが一新されて、別の街で別の部隊率いて闘う話です。

あ、サクラ大戦は全体的に、ギャルゲーとしてもゲームとしても凄い面白いんで、未経験の方は移植版やらなにやらでやってみるといいかもです。多分、オレみたいな人には大体ノリが合うんじゃないかと。勿論、1とか2は流石に古いんですけどね。3のOPとかは、今見ても圧倒的でビビります。ドリキャスすげぇなと思います。

さて、ゲームから影響受けているとかって話をしましたが。

オレは自分の大好きなゲーム寄りの話を書く傾向にあるらしいということになると、他にオレの好きなゲームは……。

・風来のシレン(下手だけど超好き。最初のが一番好き。懐古というよりは、一番システムがシンプルなんで)
・キングダムハーツ(戦闘の爽快感とか泣ける話とか、大好き)
・コールオブデューティ(初FPS。物語が良く、オンラインも楽しいっていう、ある意味完璧ゲーム)
・ペルソナシリーズ(実は2から。ライトノベル的な面白みに一番直結しているかも)
・逆転裁判(アドベンチャーは他にも好きなの多いですが、初めてこれプレイした時はやっぱ衝撃)

という感じなのですが(他にも大量にありますが、一旦)。

となると。

そこから予測されるオレの理想の小説のあらすじとは!

               *


毎日バイトで稼いだ金を装備に注ぎ込み、近所のダンジョンに潜っては気絶して帰還を繰り返す青年、ハル。
彼はある日潜ったダンジョンの中で「ハハッ!」と特徴的に笑う某マウス的生物に導かれ、世界の中心へと繋がる不思議な扉を発見する!

好奇心から覗いてみたその先は――

なんと銃弾の飛び交う戦場だった!

わけもわからないまま、必死で生き残るべく行動を開始するハル。
救助部隊との出会い、初めての人を撃つ経験、戦友の死、明かされる国家の陰謀、歴史の闇に葬りさられる宿命!

様々な経験を経た結果、ハルは――

その内面に、悪魔の様な人格(ペルソナ)と、特異な能力を持つに至る!

彼はその能力と策謀を駆使し、歪んだ思想の下平和な世界の実現を目指すが、しかし、その過程で犯した罪は数知れず、ある時、遂に裁判沙汰へと発展してしまう。

果たして彼は、限り無く有罪に近いこの状況を逆転し、己の目的のために無罪放免を勝ち取ることが出来るのか!


マッドドッグが放つ、ハイブリッド新感覚ダンジョンファンタジー戦場悪魔裁判ノベル、ここに爆誕!

タイトルは、

ダンジョンに潜った俺はのそこでっと待っていたウス的なものに導かれて扉をくぐったはいいがそこは場で大変な経験をした挙句悪魔のな力を身につけ、なんだかんだで今裁判中です

略して

団地妻専用です

ライトノベルの歴史が、今、変わる!


              *


…………。

……やっぱり影響受けるのは程々にしていきたいと思います。

スポンサーサイト
[ 2013/03/28 15:30 ] ブログ | TrackBack(0) | Comment(0)
ページ最上部へ

プロフィール
ども。マッドドッグです。ガルルゥ!

マッドドッグ

Author:マッドドッグ
プロフ画像はすずにゃん作。

オレとは画力が違い過ぎるぜ・・・w

【自己紹介的な何か】

名前:マッドドッグらしい。
職業:今年は中3だぜフッフー(黙

・・・これ以外が思いつかないらしい。
あ、あと、よく泣くらしい。

すかいぷっぷっぷー(ぇ
アーンドついった。

ID:maddodoggu
HN:マッドドッグ

基本は木曜の夜9時からと、土曜の夜8時からはいます。
そのほかはたぶんいない。

今年は受験という名の人生最初の試練だな…

最近は短編小説をちょくちょくあげてます。

感想とかほしいです。

リンク、ブロとも、コメント歓迎。
基本、フレンドリーですから。

FC2ブログカウンター
押してやってください。 2回も3回も。 もっと、もっとだぁっ!
アクセェェス、カウンタァァ!!(違
オレノブログガマッカニモエルゥゥ!!!(何
    このブログをみている 人の人たちは暇人、もしくは暇人です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。