無味乾燥な毎日でも、楽しければいいじゃない。

最近はまじめに更新できてる。とりあえず、日にちがあいても3日か4日。面白いかどうかは、あなたが決めることです(キリッ
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

死ぬかと思った。

いや、あの有名なギャグ小説(?)ではなく。

えっと、7~8日にかけて、いとこ×2とオレのフレとで、遊んでました。ひたすら。

基本的にカードゲームやったりゲームしたりなんですが。中でもやっぱり「Wii Party」が凄かった。一人で遊んでも微妙なゲームですが、四人でやるとああも盛り上がるかという感じ。全員初見だからなお良かったのでしょう。

そして、オレ達が「石段登り」と呼んでいた(正式名称はステップアップレースとかなんとか)ゲームがべらぼうに面白くてですね。

いや、ゲームが面白いというより、気を遣わない四人でやることが面白いというか。

詳しくはあとのほうで描いてますのでそちらをどうぞ。

一応、こっちでも簡単に話題に出すと。

ルールは単純で、12段の石段を、1,3,5段づつ登るだけ。ただ、他の人と数字がかぶると、登れない。つまり、当然5段ずつ一気に登れるのが一番いいわけですが、そんなの皆考えるわけで……でも、皆そう思うからこそ逆に5段を狙うという手もあり……という感じ。

たったそれだけのゲーム。一人でやっても、一つも面白くは無いし……なにより、こう文字で説明して面白さが伝わる自信も全く無いゲームなんですが。

これがオレ達の中で異様なクリティカルヒットでして。

終盤、もうこのゲームだけ1時間以上やっていましたよ。

「(ヤツは必ず5を出してくる……ここは1か? いや、ただでさえ自分は2段遅れているんだ、ここは3で進んでおかなければ……。いやいや、今この状況ではむしろ3が人気だ。よし、1! 1で着実に1段だけでも!)」

「1!」「1!」「1!」「5!」

『な、なんだってー!』

という感じです。うん、文章で書いても楽しさが伝わってないですが、あれだよね。プチカイジ。お金かかってないけど。単純なゲームだけに、深い。やることは、1か3か5を出すだけ。ただそれだけなのに、四人でやった際の、「一体どれが通るのか」という読み合いはとどまることをしらないわけで。

何回もやっていると、もう思考が何周もしすぎていて、殆ど運みたいな領域なんだけど、それでも考えることをやめられないというか。

ありきたりなゲームなのに、妙に楽しかったです。なんだろうね、あれ。

ちなみにもしこのゲームがネット対応になったら「5厨うぜぇー」みたいな言葉が絶対でてくると思いますw
でもなんか妙に語感が好き、「ごちゅー」。

そんな感じで、他にもカードゲームも頭使ったので、本当に騙し合いの夜でした。莫大なお金やらなんやら賭けていたら、ライアーゲームの外伝として公開出来るんじゃないでしょうか。

しかし……なにを朝方に爆笑しながら12段の石段を延々登っていたんでしょう。

冷静に考えると色々思うところありますが、いや、でも、あのゲーム絶対面白いって。勿論、対等な立場の四人でやる前提はありますが。もし友達とやれる環境あったら、是非やってみて下さい。めっちゃ盛り上がります。



ここからWiiパーティをやり始めてからの記録。
めんどくさいので、オレをマ、いとこをA、B、フレをCであらわします。

マ「ミニゲームをひとつひとつやっていきましょうか」

C「そっちのボードゲーム風のモードもやりたいなぁ」

Wiiパーティの様々なモードで遊び尽くすオレたち。

そんなとき、ひとつのミニゲームが全員の心を捕らえます。

マ「一通り、ミニゲームやったけど、どれが良かった?」

A「階段のぼりやろ」

B「同じく」

C「階段のぼりだね。あれは熱い」

Wiiパーティのミニゲームのひとつで、12段の階段を舞台にそれぞれ1、3、5の数字を四人で出し合い、相手と数字が被らなければ上に進めるゲームです。
本当にルールは単純。
しかし、オレたちはそのゲームに無限の可能性を見てしまったのです。

A「1、3、5しかないけど、なんだか深い読み合いがあるで」

B「なんだろうね、相手を疑えば疑うほど、楽しいんだよね」

A「相手を出し抜いたとき、最高やで」

C「じゃあ、やろうか」

最初のターン。

全員……『5』!

A「まあまあ。最初はこんなもん」

マ「勝ち気だなぁ、皆」

B「5を選ぶなんて気合入りすぎだよね」

C「そうそう、もう少しクールにいこうぜ」

次のターン…………全員『5』!

A「5やないか!」

マ「これからこれから」

B「そうそう、ここから情勢が変化するから」

C「ハハハハ、よくあるって」

次のターン…………全員、『5』!

A「バカか! 少しは他のこと考えろや!」

マ「そっちこそ、5以外出せって!」

B「ッッ(爆笑中)!!!!!」

C「腹痛ぇ……。何やってんだよ」

その後、階段をのぼるだけのゲームで全員が深い読み合いを始めます。

A「まるでカイジの世界やで……」

その光景は本当にカイジのようでした。

ざわ・・
  ざわ・・

全員が制限時間10秒をフルに使う壮絶な読み。

B(最初に5を出す。そうすると、必ず次も5を出そうとする。そこで3を出せば通る!)

ざわ・・
  ざわ・・

混戦のときに一歩だけ進んだオレの台詞。

「一歩。この一歩が大事だ。たかが一歩だけど、一歩でも上へ進む。これだけで気分がまるで違う」

混戦のなかで皆さんが名台詞を吐いていきます。

「相殺されるデカい数字のあとの小さな妥協。他の三人が5を出す中での3。情勢は変わる」

ざわ・・
  ざわ・・

「5を通す! とにかく5を通す! 引いたら負けだ! 5で全部のぼりきる! 5という数字のプレッシャー……ッ!」

あまりに5ばかりにこだわるAへオレが一言。

マ「……この……ッ! 5厨が……ッ!」

Aの新たなあだ名の誕生の瞬間である。

ざわ・・
  ざわ・・

C「……なんてこった……ッ! 読めば読むほど、どつぼにハマる……ッ! これでいけると出した数字……ッ! 通らない! しかし、相手の5は通る……ッ! 負の連鎖! クソ……、俺は誰も信じられない……ッ!」

マ「いや、それでいいんですよ。このゲーム、うまいという結果はそれだけ相手を騙すのに長けているということです」

C「うまければうまいだけ、邪悪……! なんてゲーム! こんな単純なルールのゲームが深い闇の底……ッ!」

ざわ・・
  ざわ・・

5厨「最高や……! 5だけで制覇する! この喜び!」

A「5厨の5。5厨は5しか出さない。そうなると5を止める役割が必要だ。誰かがそれを担えば良し。しかし、相殺できなければ……5厨の5は通る……ッ!」

5厨「5を出し続けたあとの3……。これが通る。俺が3を出すという予想外の答え。しかし、だからこそ、効く。そのあと、5……!」

A「……5厨め!」

※途中で帰ったフレへ。キミが帰ったあと、残り四人は闇のゲームでお互いを疑い、罵りあい、蹴落としながら、盛り上がってました。とてもお見せできる姿ではなかったのです。

マ「この階段ゲーム、自分、他のハードで出ても買いたいなぁ」

5厨「これ、クロスレビューで10点満点やろ」

B「楽しすぎるよね」

C「俺らがレビュアーなら、俺は10」

マ「10だね」

B「満点でしょう」

5厨「10や。この盛り上がりは異常やで」

なんと、階段ゲームだけで数時間やってました。

5厨「3ポイント先取で勝った人が優勝ということで」

マ「それで締めにしましょうか」

しかし――。

5厨「もう一回! 泣きの一回!」

B「いいよ。もう一回やろうよ」

さらに。

5厨「まだまだ! もう一回!」

マ「もう一回が何度も続く!」

気づいたら、朝でした。
一人も寝ないで朝まで過ごせたのは初めての光景です。
それだけ皆、階段に夢中となっていました。
いや、本当に最高のゲームですよ、階段のぼり。

というわけで、ちょっとした日常記録でした。

追記でコメ返。

toからこんs

そうだ!すーぱー関根店長の奴だ!!(ぇ
ネットで買い物とかしたことないん!?めっちゃ便利だよ、ネットスーパー!

・・・仏の顔も三度まで、か…(何
あれ、オレもわかんねぇw2回…?3回…?
まぁいいや←
スポンサーサイト
[ 2012/04/09 17:36 ] ブログ | TrackBack(1) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


まとめteみた.【死ぬかと思った。】
いや、あの有名なギャグ小説(?)ではなく。えっと、7~8日にかけて、いとこ×2とオレのフレとで、遊んParty」が凄かった。一人で遊んでも微妙なゲームですが、四人でやるとああも盛り上がるかという感じ。全員初見だからなお良かったのでしょう。そして、オレ達が「石段...
[2012/04/09 17:50] まとめwoネタ速suru
ページ最上部へ

プロフィール
ども。マッドドッグです。ガルルゥ!

マッドドッグ

Author:マッドドッグ
プロフ画像はすずにゃん作。

オレとは画力が違い過ぎるぜ・・・w

【自己紹介的な何か】

名前:マッドドッグらしい。
職業:今年は中3だぜフッフー(黙

・・・これ以外が思いつかないらしい。
あ、あと、よく泣くらしい。

すかいぷっぷっぷー(ぇ
アーンドついった。

ID:maddodoggu
HN:マッドドッグ

基本は木曜の夜9時からと、土曜の夜8時からはいます。
そのほかはたぶんいない。

今年は受験という名の人生最初の試練だな…

最近は短編小説をちょくちょくあげてます。

感想とかほしいです。

リンク、ブロとも、コメント歓迎。
基本、フレンドリーですから。

FC2ブログカウンター
押してやってください。 2回も3回も。 もっと、もっとだぁっ!
アクセェェス、カウンタァァ!!(違
オレノブログガマッカニモエルゥゥ!!!(何
    このブログをみている 人の人たちは暇人、もしくは暇人です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。